中古車査定の注意事項

もう乗らなくなった車を買取業者に売却するにあたり、いくつか注意しておきたい点というものがあります。
車を売るというだけのことですが、法律的にも様々なポイントがありますので、売却する前にしっかりと確認しておきましょう。

まず、車を買取に出す際には必要書類を揃えておかなければなりません。
書類の一部は買取業者でも用意できるものですが、車検証や納税証明書などは車の所有者でなければ用意ができませんので、紛失などがないかを買取に出す前に確認しておいてください。
その際に車の取扱説明書なども併せて確認しておきましょう。

次に、車の整備をしておきましょう。
整備といっても故障箇所を修理したり、足りない部品を補うといったことではなく、たとえば車を洗車してきれいな状態にしておくとか、内部のごみやほこりを取り除いておくといった自分でできる範囲の簡単なレベルの整備です。
車の査定を行うのも人間ですので、見た目にも状態の良くない車の場合はどうしても査定がマイナス評価になりがちですので、少しでもきれいな状態で買取に出すということは大切なことといえるでしょう。

この他注意すべき点といえるのが、所有者の確認です。
車検証などに記載さえている車の所有者名義が普段車に乗っている人と同じであれば特に問題はありませんが、もしそうではない場合には所有権を持った人に確認をとる必要があります。
名義変更をしなくても所有者の印鑑証明書などがあれば車を売却することは可能ですが、ローンが残っている場合などでクレジット会社が所有者になっている場合には車を売却しても構わないという許可をとっておくようにしましょう。

そして、これが最も注意すべきポイントですが、必ず複数の業者に見積をとるようにすること。
現在自分が乗っている車の本当の相場というものは買取業者ひとつだけの見積では判断することができません。
複数の業者より見積査定をとることで、どの程度の金額で取引されているのかを知ることができますので、ぜひ複数の業者から買取見積をとるようにしてください。