事故車や故障車でも売却できますか

車を買取に出すにあたり、気になる部分というものには様々なものがあるかと思いますが、中でも特に気になる部分といえば、たとえば事故を起こした車や故障した車であっても買取に出すことができるかどうかという点でしょう。
この点については、結論からいくと実は買取可能です。

まず、事故を起こした車にどんなニーズがあるのかという点ですが、これについては車そのものよりも車に使われている部品などにニーズがあります。
もちろん、人気の高い車種であれば少々事故を起こした車であっても動くならほしいという人もいますので、そういった場合であれば車に対するニーズがあるケースもあります。
また、事故車を専門に取り扱っている買取業者というのもあるほどなので、事故している車だからといって買取に出すのを諦めてしまうのは、あまりにももったいない話といえるでしょう。
同様に故障している車であっても部品取りなどのニーズがあります。
車で使われている部品には様々なものがあり、たとえば内部の電設部品が故障していてもタイヤなどの駆動系が問題なければその部分に対して買取価格をつけることができます。
もちろんその逆も然りですので、駆動系が故障してしまい自走できないような車であっても、カーオーディオなどの電設部品に対して買取をすることが可能となります。

このように、事故を起こしたり故障した車であっても買取そのものは可能です。
そのため、故障しているからといって敢えてその箇所を修理して買取に出すということは逆にナンセンスといえるかもしれません。
むしろ、故障した部分を修理した費用については車の買取金額に反映されたり上乗せされたりといったことは基本的にないことを考えると、そのままの状態で買取してもらえるところを探したほうが早いといえるでしょう。

買取金額の相場を確認できるといったメリットに加え、それぞれの業者のニーズを調べることができるという意味でも、車の買取見積をとる際には、ひとつの業者だけでなく複数の業者から見積をとることが重要となります。