売却時に必要な書類とは

車を売却するにあたり、必要な書類には様々なものがあります。
なお、この必要な書類というのは車の種類によっても異なりますが、買取に出す際には必ず揃えておかないといけないものなので、事前に確認しておきましょう。

まず、最も基本といえるのが「自動車検査証」いわゆる車検証と自動車税納税証明書です。
なお、軽自動車の場合は軽自動車税納税証明書が必要となります。
これらの書類は基本的に常に車に携帯しておく必要がありますので紛失することはないと思いますが、念のため確認しておきましょう。
次に用意しておくのが印鑑証明書です。
この印鑑証明書は発行後一ヶ月以内のものである必要があり、車検証と印鑑証明書の住所が異なる場合には、住民票や戸籍謄本なども必要になります。
同様に、自賠責保険証も必要な書類です。
納税証明書とあわせて、有効期限を確認しておきましょう。
この自賠責保険証も常に車に携帯しておくものなので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。
そして、実印とリサイクル券があればそちらも用意しておきましょう。

ここまでが買取時に依頼者側が用意する書類となります。
そのうえで、買取業者側で用意・作成する書類となるのが譲渡証明書と委任状です。
これらの書類は、いずれも車の名義を移動するための書類であり、そのうえで車の買取手続きを進めても構わないことを示す書類となります。
軽自動車の場合は、そのかわりに自動車検査証記入申請書を買取業者に作成してもらうことになります。

通常は、車を買取に出す場合に必要な書類はここまでですが、この他にもあれば望ましい書類といえるのが、取扱説明書や整備書類などのマニュアル類です。
これらの書類についても、普段車に乗せたままにしてある場合が多く、敢えて外に出したりしない限りは紛失するといったことはないと思いますが、こうしたものがあるのとないのとでは買取金額の査定に影響する可能性もありますので、できれば用意しておきたいところです。