自動車税と軽自動車税の違い

車を運転する場合、必ず税金というものが関係してきます。
これは乗らなくなった車を売却する場合でも、買取の際に必要書類として「納税証明書」を添付しなければならないことからも、税金という要素は非常に重要な存在であることがわかります。
そして、車に関する税金には様々なものがありますが、最も基本となるのが「自動車税」と「軽自動車税」です。
同じ車であっても排気量などによって普通自動車と軽自動車とに分けられることはある意味常識ではありますが、税金もこうした車の種別によって分けられています。

この自動車税と軽自動車税との違いは、ひとつは取り扱う役所が異なるという点があります。
自動車税は都道府県が税金の請求を行い、軽自動車税は市区町村が取り扱っています。
このうち、自動車税は毎年5月に請求がくるもので、車検証を持っている人が納税対象となります。
主に普通車や大型車に対してかけられる税金であり、近年話題になっている「エコカー減税」というのはこの「自動車税」の減税という意味です。
これは、環境にやさしいハイブリッド車や電気自動車に対して適用されるもので、こうした減税措置によって、軽自動車税とのギャップを緩和し車の販売増につなげるという目的があります。

それに対して、軽自動車税は毎年4月に請求が届きます。
納税対象となるのは軽自動車の所有者ですが、たとえば所有者名義がクレジット会社等になっている場合には例外的に買った人に対して納税の請求が届くこともあります。
この軽自動車税の最大の特徴は、自動車税に比べると税金の金額が格段に安いという点にあります。
そのため、税金を節約したいという理由で軽自動車に乗り換えるといった選択をする人もたくさんいます。
ただし、先述のエコカー減税などのように、税金の緩和策もあることから一概に税金額の高い安いだけで判断することが難しくなっているのもまた事実です。
なお、車の買取についてはこれらの納税証明書が必要となりますので、紛失しないように注意しましょう。