買取と下取りの違いについて

車を手放す際によく使われる言葉に、「下取り」と「買取」があります。
どちらも非常によく似た言葉であり、その意味合いについてもよく似ていますが、この二つの言葉についての違いを確認しておきましょう。

まず、「下取り」とは、新しい車を買う時にその車を購入する販売店に現在乗っている車を売って、その代金を新車購入代金から割り引いてもらうというものです。
それに対して「買取」の場合は車を専門に取り扱う業者に現在乗っている車を買い取ってもらい、その分の代金を受け取るというものになります。
いずれも車を売るということ自体に変わりはありませんが、その後の手続きが異なります。
下取りの場合、車を買い取ることよりも新車を販売することがひとつの目的となっていますので、車種によって値段が増減するといったことはあまりありません。
買取市場においてそれほど人気がない車種であっても値崩れがしないという利点こそあるものの、人気が高い車種の場合でもあまり高価で下取りしてもらえない可能性があります。
下取りのもうひとつのデメリットは、販売店系列のメーカーでない場合に価格が安くなるという点です。
これは、下取りしたあとの車はその販売店系列の中古車販売店で売られることがあるためで、他社製の車の場合にはどうしても安くなってしまう傾向にあります。

「買取」の場合は買い取った車を中古車販売としてオークションなどで転売することが目的となりますので、人気の高い車の場合や、装備が優れているものの場合は高値で買取査定をしてもらえる可能性があります。
逆にそれほど人気のない車種の場合はあまり金額的な期待はできません。

そのため、自分が現在乗っている車が人気があるかどうかという点を確認することが重要となります。
人気の高い車であれば買取業者で査定を受けた方が高額買取してもらえる可能性がありますし、逆に人気がない車種の場合は下取りに出した方がお得なケースもあるでしょう。
また、一度ディーラーなどに下取りの査定をお願いしてから買取業者に見積をとると、より正確な金額を知ることができるかもしれません。